近年、休息に広まった禁煙の流れ。その理由はいくつかのものが推測されています。

昨今の禁煙ブーム

昨今の禁煙ブーム

禁煙ブームの理由

近年当たり前のようになってきた禁煙。喫煙者へ多くのメリットをもたらすのですが、バブルが崩壊する前後の年はむしろタバコを吸う人が多く、女性にも普及してきたくらいだった記憶があります。それがいつしかこれほどまでに禁煙が進み、まさにブームになっているとは、その当時を考えたら思いもよらない状態のハズです。

禁煙によるメリットは別ページに記載していますが、この状況が生まれた背景とはどのような事で起きたのでしょうか?様々な憶測が飛び交っています。

アメリカをならって禁煙

禁煙

例えば、単純にアメリカが禁煙ブームだったから、右に倣えしているだけという説。日本は良くも悪くも欧米、特にアメリカに憧れており、今の文化もアメリカの影響を多大に受けているのは、誰の目から見ても明白です。そのアメリカでこうしたブームが起こっているのであれば日本も先端であるアメリカのブームを取り入れようということで流行っているという説もあります。

タバコの値段が上がったため禁煙

それ以外に、政府が税収を上げるために行われているという説です。元々健康被害が高かったのも確かなのですが、喫煙だけが健康を害している訳ではありません。排ガスにしろ様々な先端的文化の結果に出てきた有害なモノは、沢山あるはずでしょう。年々上がっているたばこ税は、正直異常なくらいだと私は感じていました。それでも吸いたい人は吸っているのがタバコ。止めたくても止めれないのがタバコというのを知ってか知らずか、こうした点から少しでも税収を吸い上げようとしているとも言われています。

健康志向による禁煙

健康志向による禁煙

そして最後に健康ブームによる健康ビジネス拡大を煽る為と言われています。確かに昨今の禁煙ブームと相まって健康ブームも非常に拡大しています。飲食店の分煙、若しくは全面禁煙席だったり、電車などの交通手段の全面禁煙、一部禁煙区域を設けるなどの条例など挙げればきりがないほど多くのタバコに対する嫌がらせのような状態が多く起こっています。

喫煙者はかなり肩身が狭い思いをしながら、端っこの方にある喫煙所でタバコを吸っているのも、少しかわいそうになるくらいに見えてきました。こうした状況にかこつけて、健康志向に目を向かせようと、今では様々な健康グッズやスポーツジム等がそれこそひしめき合っています。しかし、こうした健康ビジネスの経済効果は数千億単位で儲かっているという事を考えると、健康面だけでなく経済状況も潤うならそれはそれに越したことはないかもしれませんね。

海外医薬品の通販

PAGE TOP