チャンピックスは条件を満たすことで保険適用される医薬品です。禁煙の大きな助けとなることでしょう。

チャンピックスを医療機関で処方

チャンピックスを医療機関で処方

条件をクリアすることで保険が適用されます

チャンピックスを手に入れる方法は、ネット通販以外だと医療機関の処方せんをもらうことで手に入れることができます。チャンピックスは処方せんが必要な医薬品ということは、別の項目でも触れた通りです。その為、ドラッグストアなどの薬局に行っても、残念ながら見当たらないでしょう。医療機関で入手する場合は、保険が適用される場合があります。保険を適用してもらうには、条件があり、その条件をクリアしていれば、自身の保険区分によって割安で手に入れることができます。

チャンピックスの保険適用の条件

チャンピックスの保険適用の条件

1.禁煙治療を1年以内に行っていないこと
以前に禁煙外来などで保険を適用した上で禁煙治療を行った場合、かつそれが1年も経っていない場合は、保険が適用できません。1年の数えは、初回診察受信日からになります。

2.すぐに禁煙を始めようとしていること
1か月以内には始めようと思っている方が対象になります。

3.ニコチン依存症を計るチェックシートが基準点以上であること
スクリーニングテストといって、10項目の質問に対し、当てはまるものを数えます。私個人の感覚からすれば、吸っている人であれば全て該当するぐらい、非常にハードルの低い設問になります。

4.ブリンクマン指数が200以上あること
この指数は1日の平均本数に喫煙年数を掛けた値です。例えば、1日平均10本吸っていて、20年間の喫煙年数があれば、200になるという具合です。但し2016年4月からは、この項目は35歳未満の人は除外されることになったので、該当する方は気にしなくてよいでしょう。

5.禁煙治療を受けることを文章で同意していること
問診表だったり、それと同時に渡される同意書を読んでサインをすればOKです。

保険適用のハードルは高くありません

保険適用のハードル

上記を読んでも4については年齢が35歳より上の人にとっては、毎日の本数が気になるところではありますが、割と皆さんが保険適用対象者になると思われます。こうして、保険を適用された場合の自己負担額は、治療が終わる12週間で且つ3割負担の保険の方の場合は20,000円前後で完了してしまいます。ちなみに、全額自己負担の場合は67,000円前後になります。そう考えるとかなり安く済んでしまいます。

その他、治療の一環で自身の吐き出す息の中の一酸化炭素濃度を測ったりするので、体内のタバコによる汚れ具合が分かったり、医療機関で治療するのも悪くないかなと思う点も多数あります。特にこうした検査が好きな方、そして監督的立場の人がいた方が自身を律しやすいという方は、医療機関で処方してもらう方が向いているかもしれません。

海外医薬品の通販

PAGE TOP