チャンピックスの使用は少々特殊で、使い方を間違えないように気を付けましょう。また医薬品であるため副作用も起きてしまう事があります。

チャンピックスの副作用と注意事項

チャンピックスを使う上での注意事項

チャンピックスは効果的な禁煙補助薬ということは、先の項目で説明させて頂きました。しかし、優秀な薬でも注意しなければならい点は存在してしまいます。まずは服用方法です。

チャンピックスの服用方法

本格的に禁煙を開始する1週間前から服用を始めると記載した通り、1週間は喫煙しても大丈夫なのです。1週間だけ猶予を与えられると、その分禁煙に入る心の余裕も生まれる為、より禁煙しやすい点がここにもあると言われています。しかし、この期間、薬の服用回数等に注意しなければなりません。

1~3日目までは0.5mgを1日1回、4日~7日目までは0.5mgを朝夕2回、全て食後に服用するという方法になります。その間、飲み忘れなどが起きた場合は、すぐに飲むか、若しくは次の薬を飲むタイミングが近かった場合は、その分をスキップして次の服用タイミング時に1回分を服用するよう、指定されています。また、8日目以降は1mgを朝夕食後に服用するというスケジュールになります。この1週間の薬の量については、0.5mg差と小さいものだと思いがちですが、体に及ぼす影響は結構大きいので、注意するべき点になります。

チャンピックスによる副作用

チャンピックスによる副作用

また体に及ぼす副作用についても注意したい点があります。良く1mgに増やしてから多いと言われているのが吐き気です。空腹時等に飲んでも問題ありませんが、この空腹時の場合は余計に吐き気や悪心が酷いと言われます。そのため食後に服用することがおすすめされているのです。

なぜ吐き気が起きてしまうのか?その理由に丁度吐き気を引き起こす神経もこの薬で刺激してしまうことから、2時間ほどこの副作用が続くのです。しかしその後は嘘のように止まるという人を多く耳にします。あまりにも酷い場合は吐き気止めを病院で処方してくれる場合もあるようなので、そういった薬を用いてもいいかもしれません。

チャンピックスを服用できないケース

また、服用が出来ない場合もある方がいらっしゃいます。例えば精神障害を患っており、通院及び関連薬を服用中の方や、腎臓の病気を持っている方は症状が悪化する可能性がある為、個人で判断せずに、病院で一度医師と相談した上で服用することをお勧めします。特に精神疾患の場合は、自殺行為などを起こしかねない状態にまで陥る可能性があるとも言われいるので、要注意と言えそうです。

海外医薬品の通販

PAGE TOP