ニコチンガムやニコチンパッチなどを使いニコチン切れを解消する禁煙アイテムが以前よりありました。

禁煙アイテムの紹介

禁煙アイテム

禁煙アイテムにはニコチンが含有されています

チャンピックスが登場するまでにも様々な禁煙補助アイテムは存在しました。例えば市販でも販売されているニコチンガムです。

ニコチンガムは、1日数回に分けて噛むのですが、噛んだらすぐ捨てるというものではありません。数回噛むことで柔らかくし、その柔らかくなった状態のガムを内頬と歯茎の間に暫く詰めておくのです。そうすることで、皮膚を通してニコチンを体内に吸収し、ある一定量のニコチンを体内に補充することで、ニコチン切れのイライラ感を解消するのがこのガムの目的です。

そして、それを継続することでニコチンの成分量が少ないガムに変更していき、最終的には吸わなくても問題ないという方向にもっていくのがこのガムの最終目的でもあります。しかし、ニコチンを適度に体に入れているという事もある為、ニコチン量が減ればその分忍耐も強く持たざる得ません。これと同じ要領で禁煙に導くのがニコチンパッチです。

ニコチンパッチ

朝貼って夜寝る前に剥がすというのを繰り返し、日数の経過とともにニコチン量が少ないパッチを充てていくことで、少ないニコチン量でも我慢できる体質に変更していきます。こちらも同じような手法なので、自身との戦いは非常に厳しいものになる可能性があります。

ニコチンが含有されていない禁煙アイテム

禁煙アイテム

更にたばこを吸っているという感覚がなくなる訳ですから、口欲が増す人も出てくるでしょう。そうした人には禁煙パイポや電子タバコがお勧めです。こちらの2点はどちらもニコチンすら入っていません。パイポの場合は、フィルター部分にお菓子と同じ香料を使っていることから、単純に口さみしさを紛らわすために使える医薬品ではないアイテムです。

電子タバコの場合、リキッドを装着して吸うことで煙も出ます。そのリキッドにはハーブや先ほどの香料が入ったものもあるので、よりタバコを吸っている感覚に近いものを得られるかもしれません。しかしながら、電子タバコの場合は、ニコチンを含んだリキッドも販売されているので、誘惑に弱い人は避けた方がよいアイテムかもしれません。

海外医薬品の通販

PAGE TOP