タバコ=肺がんと連想しがちですがある意味では非常に厄介な慢性閉塞性肺疾患やその他呼吸器官に影響を及ぼしてしまいます。

タバコによって起こる病気

タバコによって起こる病気

実は様々な症状の原因となるタバコ

タバコによりリスクが大きくなる病気と言えば、肺がんというのが一般的なイメージかと誰もが思っていることでしょう。しかし、それ以外にも大きな病気になる可能性がるのです。それは慢性閉塞性肺疾患(COPD)、所謂タバコ病と言われる病気です。この症状は、肺の生活習慣病とも言われ、タバコの煙が主要因になります。肺や気管支に入り込んだ有害物質は、各器官に炎症を起こさせます。

タバコによって起こる病気

例えばタールは、体内に入らずにその部分に張り付きます。目にしたことがあると思いますが、健康な肺と喫煙者の肺を比較した模型、喫煙者は真っ黒になっていますよね?ニコチンもその一つではありますがタールの仕業でもあります。吸収されることがなく、そこからガン細胞ができ始めその部分に炎症が起こります。

一酸化炭素も同様に、肺の機能に障害を発生させます。これがタバコを吸い続けることで慢性化し、気管支は炎症で腫れあがることで狭くなり、肺胞は破壊されて酸素を取り入れることが難しくなる状態に陥ります。その為、咳やタンが酷く、呼吸が非常に苦しいと言った酷い息切れを頻発するようになってしまうのです。

こうした状態がCOPDの特性です。そのまま放っておけば呼吸困難を招き、死に至る場合もあるそうです。実はこの症状は、受動喫煙者にも発症する病気です。その為、もしタバコを吸う人と暮らしており、尚且つ吸っている煙を近くで意図せず吸い込んでしまっていることが良くある人は、この症状が発生する危険も否めないのです。

口腔内にも大きなリスクが

口腔内にも大きなリスク

また、口の中まで言えば、口腔粘膜が角質化する現象もあります。私もびっくりしたのですが、よく足のかかとなど、皮膚が固くなる場所がありますよね。それと似たような白くなりかけた状態が口腔内で起こるのです。そしてよく見る色素沈着。歯だけでなく、口腔内部全体にニコチンの茶色い物質がこびりついてしまうと言った状態が、部屋の内部でも起こるようにあり得るのです。

勿論そうした口腔内は、ばい菌の温床にもなる為、口臭にも繋がります。これ以外にも、胃腸などにも影響が及び十二指腸潰瘍や、胃炎、目なども白内障になる元凶とされています。これだけの病気をもたらす嗜好品というのも、非常に困りものです。死を呼ぶ品物に近いとも言い換えてもおかしくないアイテムにも思えてきます。

このリスクを敬遠するのであれば禁煙をしなければなりません。チャンピックスを服用することが最もオススメの方法です。大雑把に言えば飲むだけでタバコが止められます。もちろん自分の気持も大事ですが、今までの禁煙グッズとは違うその効果により禁煙成功率もかなり高くなっています。

海外医薬品の通販

PAGE TOP